ケアマネージャーが知っておきたい高齢者と薬と副作用ナビ

在宅ケアにおける薬剤師の役割

薬に関しては、医師や薬剤師の専門分野ですが、
在宅における薬の状況などについて把握しようとする薬剤師はあまり多くありません。

 

他の医療機関などで処方されている薬に関しては、
連携が不十分で、殆ど把握していない事もあります。

 

ですが、薬剤師との連携は多くのメリットをもたらします。

 

薬剤師が居宅療養管理指導を行う業務としては、
薬が決められたとおりに飲むことができているかの確認や、
飲み残しがないかどうかの確認をして、
適切な薬物療法が医師の意図したとおりに行われているかを確認すること、
そして、予期せぬ副作用が起きていないかを確認することなどがあります。

 

複数の医療機関や診療科にかかっていて、複数処方されていたり、
一般用の医薬品やサプリメントなどの健康食品を使用しているときには、
飲みあわの確認も行います。
そして、例えば服薬状況が不良の時には、原因を調査して改善を図ります。

在宅で服薬状況が悪いケースの例

・一緒に処方される、或いは他医療機関で処方される薬が多くなりすぎて
整理がつかないため、飲まない。

 

・何の薬なのか理解していないため、飲まない。

 

・薬の副作用が恐いので、飲まない。

 

・特に体調が悪くないので、飲まない。

 

・錠剤やカプセル、粉などの薬の形態によって飲めないものがあるので、飲まない。

 

このように、色々な理由があり、服薬状況が悪い場合がありますが、
残薬や併用薬が多くなりすぎ、整理がつかなくなったために飲まないのであれば、
薬剤師が残っている薬を重複や飲み合わせなどに注意しながら整理し、
朝、昼、夕食後などの服用時点ごとに飲むタイミングごとにまとめる「一包化調剤」をおこなったり、
服薬したかどうかの確認を簡単に把握することができるよう「服薬カレンダー」を作成したりします。

 

医師と相談しながら用法(飲むタイミング)の変更を行い、
例えば、1日3回服用を1日1回にするなどを行うこともあります。

 

残薬や併用薬が多くなりすぎ、整理がつかなくなったために飲まないという以外の原因によって
薬を飲んでいないという場合にも、
薬剤師は、専門的な知識を活かし、薬の特徴や性質等を吟味した上で対策を行います。

 

また、介護の現場では、訪問看護師が「錠剤は飲めないからつぶして粉にして飲んでもらっている」という例も少なくありません。
ですが、薬によっては薬の効果が強くなったり弱くなったりする場合もあります。
錠剤をつぶす時には、薬剤師に相談をしてから行ってもらうようにする必要があります。

 

一般の人では問題にならない程度の薬効の変化であっても、
高齢者は身体の様々な機能が衰えていることがあるので、
高齢者以外では問題にならない副作用が起きることもあります。

 

薬剤師は、薬によるADLへの影響を常に考え、
副作用によってADLが低下してしまわないように気を配らなければなりません。

 

在宅で生活する利用者にとって服薬治療は、
健康維持や生活の質という観点からもとても大きな意味を持ちます。

 

ケアマネージャーも、薬の注意点や薬剤師の専門性を知り、
利用者さんへのより良い支援へとつなげたいものです。