ケアマネージャーが知っておきたい高齢者の薬と副作用ナビ

ケアマネージャーが知っておきたい高齢者の薬と副作用ナビ

高齢になると、色々な病気にかかりやすくなるので、
複数の診療科を受診し、複数の診療科で処方されたりします。
このような場合、色々な科で処方された薬を同時に飲むことになります。

 

複数の医療機関や診療科を受診している場合は、
どれぞれの診療科の医師同士の連携がうまくいかず、
情報の共有がされなければ同じ効果や似た効果の医薬品が同時に処方されてしまいます。
このような重複投薬や、薬同士の飲み合わせがよくない薬物間相互作用などのリスクが生じます。

 

使用する薬剤の数が増えれば、飲み残しや飲み忘れの危険性も高まります。

 

加齢によって腎臓や肝臓の働きが衰えると、
医薬品の効果に変化が起こり、薬が効きすぎてしまったり、副作用がでてしまうことがあります。

 

また、高齢による視力の低下や聴力の低下、
嚥下機能、認知機能の問題によって、薬の管理や服薬にも支障がでてきます。

 

本人と一緒に家族や介護者が同居していて、
本人に代わって医薬品の管理を行う事ができれば良いのですが、
近年は高齢者の一人暮らし世帯も増加していますから、
薬の管理も難しくなります。

 

利用者の殆どが何らかの薬を使っている現実を考えると、
ケアマネジャーも薬の知識を得て、介護サービスを提供していくことが必須です。

 

ですが、現在日本で用いられている医薬品の数は山のようにあります。
それらの薬の作用や副作用を全てケアマネジャーが把握するのは現実的に考えると不可能です。
たとえ、基礎資格が薬剤師であっても、現役でなければ、次々と登場する新薬についての知識を学ぶのは難しいです。

 

薬の問題は複雑であるからこそ、薬剤師という専門職としての国家資格があります。
ですから、薬に関する細かなことは、薬剤師の専門性を活用し、薬剤師におまかせするのがおススメです。

 

しかし、現実的には、ケアマネジャーと薬剤師の連携が十分に取れていません。

 

利用者さんが、薬を服用していて何の問題もなければそれが最高です。
ですが、薬の影響によって利用者さんのADLや認知機能に悪影響がでて副作用がでているかもしれません。

 

薬の効果や副作用のチェックは医師や薬剤師の専門分野です。
ですが、利用者の在宅の状況までを把握しようとする薬剤師はあまり多くありません。
ですから、ケアマネジャーの気づきが、利用者さんの薬物療法の安全性の向上に繋がることが多い現状です。

 

ヘルパーなどからの情報提供や、モニタリング訪問で、
「これは薬の副作用かも?」と気づいた場合は、薬剤師に情報提供をしていきましょう。